ノルウェー、ネット銀行SkandiabankenはCoinbaseをインテグレートしビットコイン残高の確認が可能に

ノルウェーに拠点を置くインターネット専用銀行であるSkandiabankenはCoinbaseをインテグレートしユーザーはCoinbaseのアカウントに接続し、暗号通貨の残高や価格の閲覧が可能になった。

これは2015年にTexas州San Antonioに拠点を置く軍関係者を対象とした金融業を行っているUSAAがローンチしたサービスと同様のものである

Skandiabanken CIOのChristofferHernæs氏は「暗号通貨は依然、初期の技術、経済段階であるが、我々は暗号通貨を他の証券などと同等の投資クラスに価すると認識している。」として、「幾つかの銀行はビットコインを恐ろしい技術であると考えているが我々はこれを恐れるより優れたアプローチを考え、新たなソリューションを提供することが重要である。」と述べている。

確かに暗号通貨の普及により、政府の発行する通貨が衰退するとなると政府、銀行関係者には重要な問題となるかもしれない。しかしながら、多くの銀行、政府当局はブロックチェーンテクノロジーに興味を示し、開発を行おうとしてる。忘れてはいけないのは、ビットコインがなければブロックチェーン自体存在しないということだろう。
ロシア連邦調査委員会議長はビットコインを恐れている
大手オーストラリア銀行はビットコイン取引所の銀行口座を解約へ
アルメニア共和国中央銀行は『ビットコインから離れろ』と話す

参考元
news.bitcoin.com



GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA