ニューヨーク州金融局はCoinbaseの扱う6種の暗号通貨カストディーサービスを承認

ニューヨーク州金融局(NYDFS)は、米大手暗号通貨取引所Coinbaseの100%子会社であるCoinbase Custody Trust Company LLCを、限定目的の信託会社として運用することを承認した。ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リップル、ライトコインの6種のカストディーサービスを承認した。

Coinbase CustodyのプロダクトリーダーであるSam Mcingvale氏は、子会社が「ニューヨーク州銀行法の下で、独立した資格のある保管会社として営業するライセンスを取得した」ことを発表した。

Coinbase Custodyは暗号資産のためのコールド・ストレージ、機関レベルのブローカー・ディーラーおよびその報告サービス、包括的なクライアント・カバレッジ・プログラムを組み合わせたサービスである。サービスの最低残高は100万ドルとなっている。

彼らの使命は、世界中の適格金融機関とヘッジファンドに暗号通貨投資を利用可能にすることである。

先、CoinbaseはP2P決済テクノロジー企業Circleと米ドルに担保されたステーブルコインUSDCを発行すると発表している。
CoinbaseとCircleは米ドルに担保されたステーブルコイン「USDC」を発行

参考元
news.bitcoin.com