2014年に逮捕されたCharlie Shrem氏に関する新たな動画が登場

ビットコインの為替交換所「BitInstant」の運営者で、無免許での送金業務を行い、オンラインブラックマーケット『シルクロード』の利用者へビットコインを販売したとして有罪判決を受け2014年に逮捕されたCharlie Shrem氏に関する新たな動画がfreethinkmedia.comより登場した。

彼はhigh-security federal prison campに1年服役した後、昨年7月に釈放された。かつてビットコインでミリオネアへと成り上がった彼が、皿洗いの仕事をしている衝撃的な現在の生活も明かしている。


こちらのインタビューでは刑務所内での経験が語られている。ある受刑者は髪を切った代金の支払いに、現金の代わりにピーナッツバーを受け付け、ある受刑者はプロテインバーを受け付け、主に鯖のパックが刑務所内では通貨として扱われていたという。これを見た彼は監視可能なブロックチェーン上で鯖のデジタル化を思いついたという。

彼は収監前と釈放後のビットコインやブロックチェーン界隈の状況についての変化についても語った。
逮捕前はビットコイン以外にほとんどブロックチェーンプロダクトはなかったが、1年後に釈放された時には多くのビットコインやブロックチェーンに関するプロジェクトが動いていたことに驚いたようだった。そして、ビットコインは金融の未来であると悟った。

昨年末彼はブロックチェーンスタートアップ企業Intellisys Capitalの共同創設者として新たなスタートを切った。

参考元
freethinkmedia.com
npr.org