Mysterium:ブロックチェーンベースの分散型VPN最新アップデート

Mysteriumチームは雇用プロセスにはかなりの時間と労力が必要としているが製品開発は予定どおり進んでいるようだ。

チームは現在、ノードとクライアントのコミュニケーションとアイデンティティ管理に取り組んでいる。

短期的な目標は、初期のプロトタイプを作成してより広いコミュニティに提案する前に初期テストを実行できるようにすることである。目標は、最初のプロトタイプを1月までに最初のノードで利用できるようにすることだ。

クライアントノードとの通信、初期使用状況の監視は行われるが、まだ支払いはない。プロトタイプを手にして、システムのテストとアイデンティティ管理の仕組みをテストすることができる。これはクローズドベータとなる。コミュニティの最も役立つメンバーは、無料のVPNサービス(ベータ版)を使用できるようになり、テストしてフィードバックできる。

新たに収集されたデータとフィードバックに従って製品を構築し続ける。

最後のスプリントでは、1-1ノードとクライアントの通信チャネルをオープンした。詳細はGithubをチェック

Mysteriumは現在20名程度までチームを拡大している。

Mysteriumの公式ホームページはこちら