急成長中のMysteriumネットワークのためのトークンセールが本日開始

スイス、ツークの新しいブロックチェーンベースVPNサービスMysteriumは5月30日にクラウドデールをスタートする。既にアルファネットワークがライブで、人気があることを証明して、プレセール売り切れになったばかりのMysteriumは、VPN提供の輪を再構築する予定だ。

Mysteriumはインターネット閲覧のためにオープンアクセスかつ完全にプライベートなネットワークを提供することを目指していいる。現時点では、ピアツーピアの「仮想プライベートネットワーク」(VPN)は集中サービスプロバイダに依存しているため、ユーザーはその企業のサイバーセキュリティとデータプライバシーを信頼しなければならない。データハーベスティングに基づく経済が成長するにつれて、シーンの背景に何が起こっているのか、どこにどのくらいの期間あなたのデータがあるのか​​を実際に知る方法はない。

Mysteriumは、ブロックチェーンを使用して、ユーザーデータを管理するための中心的な権限が存在しないトラストレスネットワークを構築するために、この問題に真っ向から取り組んでいる。 Mysteriumのオープンアクセス、オープンソースサービスは、世界中の誰でも、安全でプライベートなインターネット利用のための最大のネットワークを構築するために参加できることを意味する。このシステムは、細断され暗号化されたデータをトレースの可能性なしにネットワークに送り込むことによって機能する。

MysteriumのAlphaネットワークは1週間ですでに950のライブノードが世界中に分散しており、常に拡大している。分ごとの統計情報を表示するにはこちらを参照。

プレセールが成功した後、Mysteriumはネットワークのさらなる発展のための資金を調達するために、MYSTトークンのクラウドセールを開く。 MYSTトークンは、所有者にMysterium VPNを使用するためのアクセス権を与えるEthereumベースのERC20トークンです、資金が調達されると、3年間のロードマップで作業をスタートする。このロードマップでは、拡大するネットワークをサポートする分散型の小額支払いサービスであるCOREと、サービスとしてのMysteriumのプラットフォーム(PaaS)のリリースが予定されている。ネットワークはサードパーティサービスプロバイダ(DApps)に開かれる。

5月30日13:00 UTCにクラウドセールが開始される。 600万ドル CHFのソフトキャップに達するまで20%のボーナス(1 CHF = 1.2 MYST)があり、ソフトキャップに達すると、20%のボーナスは利用できなくなる(1 CHF = 1 MYST)。 そしてセールは72時間以内に終了する。セールはMysteriumのウェブサイトを介して行われる。

Mysteriumの公式ホームページはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。