分散型VPNを構築するMysteriumプロジェクトホワイトペーパー概要

Mysteriumは、ブロックチェーンベースの仮想プライベートネットワーク(VPN)の新しいモデルを紹介するホワイトペーパーをリリースしている。 Mysteriumは、オンラインプライバシーを保護するために、完全に分散された最初のVPNを開発している。発表されたホワイトペーパーは、サイバー犯罪のリスクに対抗するグローバルピアツーピアネットワークのビジョンを示している。
MysteriumはセキュアでプライベートなインターネットのためにブロックチェーンベースVPNを構築する

今日のインターネットはオープンでもプライベートでもなく、大企業は、ウェブのゲートキーパーが自ら宣言して集中管理されたサービスとして動作するようになっている。この傾向の問題は、我々が今や大規模なデータ収穫の対象となっていることである。ブラウジングデータの販売によって得られる大きな経済的利益があるが、侵略的なオンラインサーベイランスの戦術により、セキュリティが危険にさらされている。

Mysteriumは、完全に分散されたVPNサービスの新しいビジョンを掲げ、ユーザーのプライバシーを最優先にしてこの問題に取り組んでいいる。このホワイトペーパーでは、細断処理、暗号化、およびネットワークへの送信プロセスを通じてユーザーデータを「解消」するように設計されたプロトコルの概要を説明している。 Mysteriumプラットフォームは、自宅での閲覧でも、公共のWiFiホットスポットであろうと、オンデマンドでこのセキュリティレイヤーを提供するように設計されている。Mysteriumは、例えば、医療、BFSI、電気通信業界などの機密データをサイバー犯罪から保護するためにも使用できる。

どのように働いているのか?

Mysteriumはコンピューティングパワーをプールし、ノードの分散ネットワークを作成する。オンデマンドで安全なVPN接続を必要とする人は、ノードを利用できるようになります。超過帯域幅をネットワークに共有するユーザーは、報酬としてMYSTトークンを獲得できる。 MYSTは、アクセスおよび許可トークンとして動作するMysteriumネットワークのネイティブトークンだ。 COREと呼ばれる組み込みの取引プラットフォームは、寄付プロトコルの証明を通じて、ネットワーク上でのサービスの提供と提供を管理する。

MarketResearchFutureによると、グローバルVPN市場は、2022年末までにサイバーセキュリティを「主要な推進要因」として106億ドルに達すると予測されている。すべてのインターネットユーザーにプライバシーを提供するという使命をもって、Mysteriumはサイバーセキュリティに鋭い焦点を当てる。 Mysteriumチームは、ユーザーが企業や政府の利益の対象から守られている未来を見てる。Mysteriumのトークンセールは5月30日13:00 UTCより開始する。

Mysterium公式ホームページはこちら
Mysterium Slackコミュニティーはこちら
Mysterium テレグラムグループはこちら
Mysterium ツイッターアカウントはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。


domeplatform