Mysterium NetworkはIUNGOと統合しグローバルなWiFiとVPNネットワークを構築

IUNGOはIlustoアプリケーションエコシステムの第1サードパーティーアドオンとしてMysterium Networkと提携する予定であることを発表した。 IUNGO WiFiユーザーは、世界のどこにでもインターネットにアクセスできるだけでなく、接続も完全に匿名にすることができる。

現在、インターネットトラフィックは政府によって監視されています。ウェブにアクセスしている各自と全員が直接的または間接的に監視されています。オンライン活動のそのような激しいコントロールが悪影響をもたらし、人々の個人的自由を制限する場合が増えている。IUNGOチームの宣言は、迅速かつ安全で手ごろな手頃な価格の検閲無しのインターネットアクセスであり、中央集権化された権威を持たないことが基本的な人権であるということだ。このような観点からみると、Mysterium Network との協力は理にかなっています。IUNGOのビジネスモデルは、文字通り、Mysterium Networkが作り出している技術の適応に完璧で、 IUNGOチームの分散型ネットワーク通信のノウハウとブロックチェーンベースのVPNサービスを組み合わせるとしている。

Mysteriumは、オンラインプライバシーを保護するために、完全に分散された最初のVPNを開発している。発表されたホワイトペーパーは、サイバー犯罪のリスクに対抗するグローバルピアツーピアネットワークのビジョンを示している。今年5月に行われた独自トークンであるMYSTのセールでは45分間で68,629ETH(現在価格でおよそ56億円)を調達している。MYSTは現在BittrexやLiquiにてトレードが行われている。

Mysteriumネットワークは45分で68,629ETHを調達しセールを終了

分散型VPNを構築するMysteriumプロジェクトホワイトペーパー概要

Mysteriumの過去3ヶ月で開発チームメンバー数が2倍に

これはブログにアップされたメンバーの集合写真だ。

Mysteriumの開発アップデート

11月にアイデンティティサービスを導入した後、古いアイデンティティ構造を削除することで、ディスカバリサービスにいくつかの変更を追加した。

  • これによりノードがキーストアディレクトリに多くのアイデンティティを保持することが可能になった。
  • 新しいアイデンティティに関する他の変更が実装された:新しいアイデンティティの作成、最後のアイデンティティの記憶、アイデンティティのロック/パスワードの解除。アイデンティティも将来の使用のための追加パラメータでアップグレードされた。
  • すべてのアイデンティティをNetwork.Inに登録する必要があった。 並行して、ユニット/統合テストが自動的に実行できるようにインフラストラクチャをアップグレード。
  • ネットワークレイヤサービスを提供するプロトコルを適切に設定する方法を検討している。

Mysterium Networkの公式サイトはこちら

参考元
medium.com
medium.com