Mysterium Network:最新開発状況、数週間後にクローズドプレアルファを使ってコミュニティーからフィードバックを得る

Mysteriumは誰もが安全かつプライベートなインターネットに接続できるように分散型ヴァーチャルプライベートネットワーク(VPN)を構築する。このシステムはまた、余分な帯域幅をネットワークに共有するユーザーが報酬としてデジタル通貨を獲得できるように設計されている。

数週間後には、テスト目的で閉鎖されたプレアルファを予定している。 それはそれをテストし、フィードバックを共有することに同意した最も活動的なコミュニティメンバーにアクセス可能なロケーションシフトVPNサービス(支払いなし)になる。 プレアルファを使用して、ネットワーク使用統計を収集することを目指している。これは、将来の開発の目標を示すのに役立つ。最初のテストの後、このバージョンを使用するより多くの人を招待 プレアルファがテストされると、他のリリースのおおよその時間を発表する。

開発

ここ数週間、Mysterium Networkチームはネットワークの2つの大きな特徴、プライベートIDキーとクライアントのAPIを使って署名/検証することで1-1の通信チャネルメッセージを確保する作業を始めた。

  • 必須のメソッド(IDの作成、接続、ステータスの取得、切断、提案の検索)を使用して、クライアントアプリケーションにAPIを追加。これにより、チームや他の開発チームがユーザーインターフェイスアプリケーションを構築したり、クライアントを自動化する可能性が生まれる。
  • ノード、クライアント、ディスカバリ間の通信チャネルメッセージに署名し、検証するためのフレームワークを設計。システムのこの部分は、双方の通信相手の識別に非常に重要となる。この機能は、ネットワーク上での身元証明の偽造や、2人の間の通信チャネルの引き継ぎを防ぐ。次のステップは、概念実証を実装し、すべての部品を一緒にテストすることである。
  • Discovery APIとIdentity APIにも安全な認証メカニズムが実装されている。
  • Ubuntu Dockerコンテナは、必要なすべてのネットワークコンポーネントを実行するために作成された。これにより開発時間が短縮され、マイナーマシンへの導入が容易になる。

VPN設定、暗号化アルゴリズム、およびTLS認証フローのセキュリティ監査を行った。
詳細はGithubへ

Mysterium Networkの公式サイトはこちら