Mysterium:現在の開発状況やよくある質問

先日無事にトークンセールを終了させた分散型VPNプロジェクトMysteriumの最新状況がアップされた。現在のチームや目標は以下のようになっている。

Mysteriumのチームは現在どのようになっているのか?

現在のところ、Robertas、Paulius、Valdas、Vitas、Šarūnas(アルバイトでデザインを助けている)、Aleksandras、Philip(slack内での@phabc)などの人々から構成されている。主な開発チームは現在、Paulius、Valdas、およびRičardasを含んでいる。彼らは引き続き開発プロセスを進めていく。Valdasは、以前の雇用主からMysteriumに専任の献身を移す過程にある。来月には、ヴィリニュスとベルリンの両方で新しいチームメンバーが加わることで、GitHubでの活動をさらに増やす。また、短期から中期的な開発について最善の方法を伝える方法も考えているようだ。

次に何をするのか?

チームは第三四半期のOKR(目標と主要結果)を定義する作業を行っていた。これらは次のとおりとなっている。

  • 将来の急速なスケーリングのための運用構造の設定(例:エンティティ、会計、ベルリンの法律事務所など)
  • 新しいチームメンバーを雇う – CTOから開発者まで、法律分野とインターネット製品の両方を経験している人
  • バージョン1(V1)の開発 – ビジョンに沿ったロードマップを定義し、チームと一緒に実行
  • リーガルデベロップメント – ノードオペレータを保護する方法を見つけ出すことを目指す

v1製品とは?

v1には分散vpnのすべての「成分」が含まれているが、完全に分散されるわけではない。これには、稼動している製品、支払い、アイデンティティ管理、および発見メカニズムが含まれる(ディスカバリー・メカニズムは、ノードとユーザー・ソフトウェア間のマッチメイキング・サービスとして機能)。チームは2017年の終わりまでに、あるいは遅くとも来年の初めに、動作するv1バージョンを持つと推定している。

参考元
medium.com