三菱UFJや米欧豪6行は来年からリップルの技術を活用、XRPが高騰中

三菱東京UFJ銀行は米欧豪6行と連携し2018年初からリップルの持つ技術を利用する。連携銀行はバンク・オブ・アメリカ、スタンダードチャータード銀行、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド、サンタンデール、CIBC、ウエストパック銀行となる。次世代型の国際送金サービスを開始し、高止まりしていた手数料を引き下げる。

XRPが高騰中

今回のニュースを受けてリップルの独自通貨XRPが高騰し2円近くをマークしている。

newbium.com

charts.ripple.com

参考元
ripple.com



GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA