リップルとIDT、MercuryFXがパートナーシップ。XRPを使用し小口送金と企業取引を迅速化

Ripple(リップル)はIDT CorporationとMercuryFXとのパートナーシップを発表した。リップルは今年に入り5つの送金企業とのパートナーシップを発表すると予告していたが、今回の発表で3社が明らかになった。
リップルとMoneyGramがパートナーシップを結び、XRPを国際決済でテストする

パートナーシップではxRapidを使用して小口送金と企業取引の迅速化を図る。支払いフローにXRPを使用して、グローバル支払いのオンデマンド流動性を可能にすると発表した。

Mercury FXのCEO Alastair Constance氏は「デジタル通貨は高速なトランザクションを約束しますが、XRPはビットコインを含む他の通貨よりもはるかに高速です。数時間から数日で決済時間をわずか3秒以下に短縮することで、何十億ドルもの不要な仲介手数料が削減されます」と意気込んでいる。

参考元
ripple.com