MobileGoによるGAMEの希薄化に関する誤解

MobileGoはGameCredtis(GAME)の株式分割に相当するものではない。 これはマーケティングファンドであり、それを推進するためのスマートコントラクトアプリケーションとなる。MGOがGAMEの供給をに希薄化し、価値をなくすという恐怖を持っている人が多いようだが、それは完全な誤りである。

3月初めに、ドイツ銀行の株式は、1日で6%以上下落し、その後1週間でさらに下落した。 その理由は、一連の貧弱な財政決定と当局からの巨額の罰金により崩壊の危機に陥ってしまったために、銀行預金の肩代わりする85億ドルの権利問題だった。

アセットマネージャーは、『代替案を考えれば、資本増強はおそらく最良の選択肢だ』とコメントしている。 それ以外のものはすべて実際のビジネスによって縛られる。 しかし、現行の株価比では株主にとって莫大な希薄化(ダイリューション) をもたらすだろう。

株主は、このようなニュースには売却によって正当に反応する。なぜなら、新株式の創出は、すべての人の株主利益の低下につながるからである。 株主は、結果的に大きなパイの小さなスライスを所有する。 固定またはアルゴリズムによって決定されたコインの供給は、投資家を暗号通貨へ引き付ける魅力の1つなのである。 (新しいコインが作成された場合、悪意のある行為、プロトコルの欠陥のため、総供給は希薄化され、価値の低いものになる。)

これが当てはまるのは単なるコインの供給だけではない。 特定のコインの開発が停滞し、開発者が関連する他のプロジェクトに移行した場合、2つの間で価値が分裂する可能性がある。 間違いなく、NXTがArdorプロジェクトを発表したとき、多くの所有者は、2つの異なるブロックチェーンがNXTブロックチェーンの既存の値を共有する可能性があり、その結果、NXTの価値が低下することに怒っていた。

MobileGoにも同様の恐怖があったようだ。それは、GAMEと並んで、あるいはそれに代わって支払いメカニズムとして使用されるということだ。つまり、MGOがGAMEの供給をに希薄化し、価値をなくすということだ。

しかし、これはMobileGoの性質と目的を誤解している。 MGOは支払い手段として使用されない。GAMEはGameCreditsエコシステム内の唯一の支払いコインであり、ゲーマーによって使用される資金の購入はすべてGAMEウォレットを通じて行われる。 これらの購入数を増やし、GAMEをより価値あるものにするためにMobileGoが存在するのだ。

MobileGoがGAMEの価値に悪影響を与える唯一の要因は、トレーダーがMGOを購入するために GAMEを売った場合のみだ。 そうした場合、MobileGoはGAMEの価格を引き上げるために存在するため、短期間の価格下落となるだろう。

さらに言えば、MGOを購入するためにGAMEを販売する必要はない。 MobileGoのクラウドファウンディングは、GAMEをデポジット通貨、プレミアム(優良投資力で購入されたため、裁定取引によって一時的に価格が上昇する可能性があることを意味する)として、受け入れる。 クラウドセールで収集されたGAMEは市場で販売されることはないが、自社の目的でGAMEのトランシェを所有したい場合には、より大きなOTC取引に使用される。

GameCredtisの公式サイトはこちら
MobileGoの公式サイトはこちら