米国財務省、「ビットコインの不正利用を注意深く捜査している」

米国財務省Steven Mnuchin国務長官はヤフーファイナンスとのインタビュー内で、ビットコインについて尋ねられてた際、ビットコインの不正利用を注意深く捜査していると話した。

「ビットコインに関する最も重要な課題は人々が不正な活動にビットコインを使用できないようにすることです。これが不法な資金の送金に使われていないことを確認しなければいけません。」と述べた。

彼は予定はないが、財務省が暗号通貨に対してオフィシャルな立場をとる可能性があることを示唆した上で「現状、具体的なことは何もないが、我々はこれを監視するワーキンググループを持っています。」と話した。

昨年、米国国税庁US Internal Revenue Service (IRS)
は、ビットコインのオンライン取引所の1つであるCoinbaseに対して2年間分の全アメリカ国民の取引記録やIDの提出を要求した。この要求に対してCoinbaseは顧客のプライバシー権の正当性を主張したが、裁判所はこの要求に従うよう判断を下した。

また、対金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN) は、暗号通貨関連ビジネスに対して、州ごとの送金業に対する免許や、マネーロンダリングおよびテロ資金援助に対する当局のルールが適用され、データ収集と報告義務があると勧告を発行している。

参考元
finance.yahoo.com