究極のミニマリスト、ビットコインのために全てを売却

オランダに住む39歳のDidi Taihuttu氏とその家族は彼らの家、子供用のおもちゃ、車などの貴重な財産を全て売り、ビットコインを貯めている。家族は現在オランダのキャンプ場に住んでおり、ミニマリスト生活で世界中を旅している。

インタビューで彼は「人々は「あなたは狂っている」と言います。しかし、私たちは冒険的な家族であり、ミニマルな生活を送るためにしばらくは賭けようと思います。リスクを取らなければ、人生は退屈なのです。」と述べた。

彼はビットコインが現代社会を変革し、分散型資産がグローバル・ファイナンスに革命を起こすと考えている。2010年ごろからビットコインに没頭し、マイニングを始めた彼は2013年に一度全てのビットコインを売却している。彼はこのミニマリスト生活を始めるため、フェンローに所有していた土地を85BTCで売却、さらに11年間の自身のビジネスも売却し旅を始めた。

2014年ビットコインの低迷期にはドージコインに全てを変え、膨大な数のシットコインなどを利用しビットコインを増やしたという。

彼らは2020年まではこのライフスタイルを続けると語った。

ビットコインのみで世界一周の旅に出たプログラマー
貯金の全額をビットコインに突っ込んだ男の人生

参考元
news.bitcoin.com


domeplatform