分散型マッチングプラットフォーム、Matchpoolによくある質問。

分散型マッチングプラットフォーム、Matchpoolはブロックチェーンテクノロジーを利用し人々の繋がりを作り上げる。3月25日よりICO(クラウドセール)が開始するが、その前にMatchpoolのよくある質問をチェックしてみよう。

Matchpool Demo #02 – Next Generation Matchmaking & Introductions from Matchpool on Vimeo.

MatchPoolに関する記事はこちら

1. どのようにしてこのアイデアは生まれたのか?

私(yonatan)は2年間、クリプトファンドマネジャーを勤めました。ある日、私は十分満足していないことに気づいたのです。そして、私はこの世界でどのような変化を成し遂げることができるの考えました。 クリプトの世界を利用してそれを実現させることにしたのです。そして、私は人々が人との繋がりを創造するのを助けたいと思いました。そのためには、コミュニティが力を得なければならなりません。私は人々が人との繋がりをを作ることで報われるシステムを作りました。このようにしてMatchpoolは誕生したのです。

2. チームメンバーは?

大きな変革を作り出すための、デートエキスパート、クリプトのベテラン、プログラマーからなるミックスチームです。

以下、主要チーム編成:
philip saunders:ソリディティ開発者
max richardson : 12年の経験を持つデザイナー
jeo shapira – 12年の経験を持つ世界のデートエキスパート
yonatan ben shimon : 4年の経験を持つクリプトファンドマネージャー。大きなクリプトトラックレコードの経験者。

3.プールはどのように機能するか?

プールは支払いルールのあるスラックグループのようなもので。 プールの所有者は管理者であり、このプールが誰のためのものであるかのビジネスモデルと条件を選択できます。

4.参加者はだれか?

私たちには参加者Joiners(ジョイナー)とマッチメーカーHost(ホスト)が存在します(ユーザーと管理者)。すべてのプールにはサブジェクトがあり、それは場所/関心事、あるいはそれ以外の選択肢となります。
ジョイナーは、マッチすることを望む参加者です。このプールの中で、マッチして特定のテーマ、周りのイベントなどに参加ことが可能です。マッチメーカーは、グループを一致させて制御するグループ管理者となります。

5. マッチメーカーが選ぶことができるビジネスモデルは?

彼らは選ぶことができる3つのビジネスモデルがあります:

  1. 入場料
  2. 購読料
  3. 個々やイベントの紹介などのサービスへの支払い

6.divsとarrowsとは?

これは、通常のユーザーがマッチをした後、グループに累積されたサブスクリプション料金の一部を受け取ることができ、参加者がマッチによりお金を稼ぐことを可能にする仕組みです。

7.プール内のダイナミクスとは?

それはプールにより変化します。すべてのプールには、そのグループのヒューマンダイナミクスを表すさまざまなルールがありますが、プールには同様のダイナミックスラックがあり、マッチさせる最も重要な機能となります。

8. Dappletsとは?

プールに多くの機能を持たせることのができる機能:
新しいビジネスモデル、UI、ゲームなど、それを作成する開発者も補償されます。

9.どのように市場化するのか?

最初のプールは我々のプールとなります。人々がそれについて他の人に伝え、すべてのプールの創設者が、現実の世界ですでに彼のコミュニティを信用し、それがバイラルされるモデルを証明します。

マッチメイカーへのオファー – 自分のルールでコミュニティを収益化することができます。

10. トークンの利用

まず、プールを開くために使用されます。 プールは無料ですが、プールの量が増えるまで、トークンをスマートコントラクトに入れておく必要があります。プールが増えるとシステム内トークンは少なくなります – トークンの値をネットワークの値にどのように結び付けるか

次に、すべてのマッチメーカサービス(マッチ、購読料、入場料)の支払いに使われます。

11. ユーザーはどのようにしてトークンを入手できるのか?

2つの方法でトークンを得ることができます:
購入するには: paypalを使用してトークンを購入する方法を提供します。
獲得するためには: 女性は参加することによってトークンを獲得し、すべてのユーザーはプールメンバー間でマッチすることでトークンを獲得することができます。

12. トークンの詳細

私たちは合計100万トークンを所有しています。ICOに60万が利用され、20万が鋳造され、 20万はチーム、アドバイザー、報酬を支払うためのものとなります。
トークンはイーサリアムベースです。

MatchPoolに関する記事はこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。