MARK.SPACE:プレセールで500万ドル以上を調達。明日6時よりトークンセールが開始。

ブロックチェーンベースのVRオープンソースプラットフォームMARK.SPACEはプレセールにて5,056,992ドル、およそ5.6億円を調達した。目標であった独自トークン7,500万MRKの販売も完了した。

トークンセールは日本時間で明日6時より開始され、2月28日まで継続される。

MARK.SPACE:空間とオブジェクトの作成、結合が可能なブロックチェーンベースのVRオープンソースプラットフォーム

MARK.SPACEは、誰もが自分だけのVR対応3Dウェブサイト(ユニット)を手軽に作成して扱える、ビジネス、Eコマース、コミュニティ用のプラットフォームである。MARK.SPACEで作成される3DVR空間はインストールや登録が不要でブラウザでの表示が可能だ。これはすべてのOSに対応が可能で、どのデバイスからもアクセスができる。

すでにデモバージョンが完成しており、こちらから体験可能だ。

3D/VRに対応している膨大な数のWebサイト(ユニット)は、それぞれが独自のドメインを持つことで、ブロックチェーンベースのトランザクションとアカウントシステム、そして検索エンジンと繋がっている。また、MARK.SPACE内のユニット間の空間は自由に行き来する事が可能だ。

MARK.SPACEが作り出す5つの3D空間

MARK.SPACEの作り出す膨大な数のVR空間(ユニット)の中には、「コミュニティ区」、「住宅区」、「ショッピング区」、「ビジネス区」、「教育区」の5つの区域が作成される。ユーザーはこれらの空間内のユニットを様々な物体(内部コンストラクタを使って作成したものやアップロードで追加)で満たし、YouTubeやInstagramからメディアコンテンツ(動画・画像・テキストファイル)を追加できる。存在する全てのオブジェクトに所有権が与えられ、その取引はブロックチェーン上に記録される。

トークンセールの詳細

トークンセールは日本時間で明日6時より開始され、2月28日まで継続される。MRKトークンの価格は各ラウンド毎に上昇し期間により第5ラウンドまで存在する。

MARK.SPACEホワイトペーパーはこちら
公式ホームページはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。


ETH TOWN

ETHTOWN