MARK.SPACE:あらゆる用途の3D/VR空間と物体を作成・配置・統合可能なプラットフォーム。トークンセールは残り1日

3DとVR対応のウェブ空間(ウェブサイト)とオブジェクトの作成が可能な ブロックチェーンベースのオープンソースプラットフォームMARK.SPACEのトークンセールが残り1日となった。現在およそ940万ドルを調達している。
MARK.SPACE:空間とオブジェクトの作成、結合が可能なブロックチェーンベースのVRオープンソースプラットフォーム

MARK.SPACEはあらゆる用途の3D/VR空間と物体を作成し、それらを独自のエコシステムで迅速に配置・統合できるプラットフォームである。プラットフォームは暗号通貨経済でバックアップされており、ブロックチェーン技術で稼働している。MARK.SPACEエコシステム は全てのインターネットブラウザ(Chrome推奨)に加え、カードボ ード、Oculus、HTC ViveといったVR機器にも対応している。デスクトップやノートPCさえあればモダンなVR店舗、オフィス、コ ミュニティやその他のあらゆる空間をビジネスやエンターテインメ ント用に作成可能だ。

実際にVR空間の体験ができるCOSS(Crypto One Stop Solution)とHitBTCとのパートナーシップを発表しており、今の所トークンセール終了後、上場される取引所は2箇所となっている。

トークンセール残り1日

現在開催中のトークンセールは日本時間3月1日(木) 08:59まで継続される。MRKトークンの価格は各ラウンド毎に上昇し期間により第5ラウンドまで存在する。

MARK.SPACEホワイトペーパーはこちら
公式ホームページはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。