1000億ドル規模のヘッジファンドMan Groupは投資の世界にビットコインを追加することを計画中

1783年にジェームズ・マンにより砂糖を扱う商社として創業され、ロンドンに本拠を置くMan Groupは、世界最大のヘッジファンドの1つである。このMan Groupは来月、CMEがビットコイン先物契約を締結すればビットコインを追加する可能性が高いと述べている。
CMEグループ、ビットコイン先物取引の開始日程を発表

Man Groupのルーク・エリスCEOは、シカゴに本拠を置くデリバティブ市場であるCMEが12月の第2週にビットコイン先物を開始しようとしているというニュースに応えて、ロイター通信に、先物契約が正式に締結されればビットコインを追加しようと思うと述べた。

彼は「概念的には、デジタル通貨は興味深いものです。 今は我々の投資宇宙の一部ではありません。ビットコインにCMEの先物があるなら、それはそうなるでしょう。デジタル通貨と伝統的な通貨との間には大きな違いがあります…伝統的な通貨は、人々をルールに従わせることができる軍隊や税金を持っている政府によって支えられています。しかし、それはデジタル通貨をまったく無効にするものではありません。」とも話している。

彼は、同社がCMEのビットコイン先物取引をするのか、または暗号通貨市場との直接関係を探るのかを明確には述べていない。

参考元
www.reuters.com