ローカルビットコイン、リアルなP2Pトレーディングでビットコインを購入しよう

ローカルビットコインはビットコインがメインストリームに現れるはるか前である2012年、プログラマーであり起業家であるJeremias Kangas氏によってフィンランド・ヘルシンキにて創設されたPerson-to-Personのビットコイントレーディングサイトである。世界中どこでもビットコイナーを検索できることによって旅先でもビットコインの売買が可能である。

もちろん銀行送金などを用いたオンラインでの売買も可能である。

ローカルビットコインを使用するメリット

(1)今後のビットコインに対する課税などを踏まえた匿名性の重視

取引所などでビットコインを購入する際は本人確認、銀行口座との紐付けが必要となってくる。そうなった場合どうしても入金を行った履歴が残ってしまう。

(2)海外にて緊急時の資金確保手段

強盗などにより持ち物を全て失った場合でもインターネットカフェなどでウォレットを作成すればすぐにビットコインの確保は可能である。あとはFBなどで自国のビットコイナーに送金してもらいLocalBitcoinでビットコインを捌けば現金が確保可能だ。

購入方法

購入したい金額、場所、支払い方法を入力して検索する。
localbitcoin01

それぞれ提示された金額、リミット確認し購入したい人物がいたらBuyボタンを押す。
localbitcoin

売り手とのメッセージのやり取りを行い日時や場所を決定する。
メッセージの返信が来た場合は登録してあるメールアドレスに通知が届く。
localbitcoin

実際に会って自分のアドレスに送金してもらおう。

オンラインでの購入ではLocalBitcoin内のウォレットも用意されている。
localbitcoin

筆者も実際に利用してみたが、連絡を行ってからほんの2日で取引が決定し実際に売り手と落ち合いビットコインの購入に成功した。
現金とビットコイン。この組み合わせは最も匿名性の高い取引が行えることは確かである。

参考元
LocalBitcoin.com