ローカルビットコインの取引量が新たなグローバルALL-TIME-HIGHを記録、日本国内での利用者は横ばい

ローカルビットコインのピアツーピア(P2P)ビットコイン取引は、主に中国の暗号通貨市場からの資本流出によりグローバルALL-TIME-HIGHを記録している。取引されているビットコインは9月16日の週、1週間だけで15,000BTCを超えている。
中国のビットコイン取引所閉鎖報道によりローカルビットコインの取引量が3倍に

こちらのデータを確認すると中国、チリ、インド、シンガポール、スイスなど多くの国でローカルビットコイン取引のALL-TIME-HIGHを記録していることがわかる。

取引所が充実している日本ではOTC(オーバーザカウンター)でビットコインのやり取りはあまりされていないようで、ローカルビットコインの利用量にも変化は見られない。

ローカルビットコインのMoneroバージョンが出現。取引における匿名性を重視

ローカルビットコイン、リアルなP2Pトレーディングでビットコインを購入しよう

ローカルビットコインの公式ホームページはこちら


domeplatform