LISK IOUはOpenLedgerにも登場

LISK IOUはOpenLedgerにも登場している。現在LISK IOUを扱っている取引所はBloomBit、YoBit、OpenLegerとなった。

OpenLedgerには本人確認が無いため、LISK IOUを入手したい人にとっては一番便利かもしれない。

openledger

ICOに乗り遅れたユーザーやICO後にLISKが有望だと思ったユーザーはLISKのローンチ前にIOUという形で入手が可能である。ローンチ前に価格が高騰すると予想している場合にはIOUをローンチ前に売り払ってしまうことも可能である。

投資は安く買ったものを他人に対して高く売りつけられれば成功となる。IOU発行側と購入する側の利害関係が一致するために成り立つ。

IOUの注意点

IOUの注意点は発行元を信頼しなければならない点だ。暗号通貨は中央集権無しで成り立つ仕組みを構築しようとしているのにも関わらず、IOUを利用すると中央集権的になってしまうためIOUを嫌うユーザーも多い。発行元が責任を負わなければIOUは単なるデータのクズとなりネットワーク上を浮遊することになる。過去にリップルトレードジャパン発行のJPY IOUはデーターのクズとなった。
リップルトレードジャパン、破綻か?!