Lendoit:次世代 P2P融資プラットフォーム

Lendoitは、スマートコントラクトとブロックチェーン技術の利点を使用して、信頼できる、迅速かつ簡単な方法で、世界中から借り手と貸し手を接続する、非中央集権型の P2P 融資プラットフォームである。

ブロックチェーン技術を利用したLendoitはP2P型で融資を実現させる。つまりこれは中間体がないということになる。スマートローン契約を使用して借り手と貸し手は中間体なしに融資を行うことができる。スマートコントラクトシステムを、従来の債券市場の仕組みに沿う形で使用することによって、Lendoit のユーザーは安全で安心できるレンディングの仕組みをシームレスに使うことが出来る。

日本語化されてホームページはこちら
Lendoitのホワイトペーパーはこちら

Lendoitが取り組んでいる主要なギャップの1つは、各国の金利差だ。 低金利の国の貸し手は、貸出の提供から十分な収入を得ることができず、高金利の厳しい国からの借り手は厳しい貸出条件に苦しんでいる。 さらに、多くのブロックチェーンソリューションと同様に、現在関与している仲介者の透明性の欠如も、Lendoitが排除したい要素である。

Lendoitのソリューション

このプラットフォームは、スマートコントラクトとブロックチェーン技術の利点を利用して、借入金のすべてのプロセスフローを自動化する。

Lendoitの市場における貸出エコシステムは、借り手、貸し手、コレクター、およびスコアプロバイダーから構成されている。

借り手は、システムの使用を開始する前に、迅速な申請プロセス(基本的には他のいくつかの質問を含むKYCプロセス)を実行する必要がある。借り手が彼の要求を提出した後、入札(この場合は融資のための資金調達のプロセスです)が始まる。

入札構造の例は、入札者が貸し手であり、勝者が最も低い金利を与えた者であることを意味する、逆オークションが発生する場所である。入札は最短時間で最高のオファーを得るための手段として役立つ。

借り手が借金を支払わなかった場合(これはローン自体またはその金利部分である可能性がある)、コレクターは貸し手から債務を購入し、損失を最小限に抑えることができる。コレクターは、借り手に対して合法的に行動する能力を有する特定の国の認可された団体である。

借り手の登録時には、サービスを申請した後に貸し手にスコアを与えたり、身分証明書の検証サービスを提供するためにスコアプロバイダ(2つの異なるスコアプロバイダ)を使用する。

システムは、様々なプロセスを操作し、自動化するために、さまざまなスマートコントラクトを使用する。

Lendoitはまた、ローンを取引するための貸し手のための流通市場を提供している。 このツールは、貸し手がいつでも資金を清算することを可能にする。

Lendoitのトークンセールは12月13日, 14:00 UTCよりスタートする。

Lendoitのホワイトペーパーはこちら
Lendoitの日本語公式公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。