機密告訴状をビットコインで売却しようとした弁護士の逮捕劇

その日、灰色のキャップを被り青いダッフルバックを抱えた男はカリフォルニアHilton Garden Innロビーにある新聞の置いてある椅子に座るよう指示を受けた。彼はシリコンバレーテクノロジーセキュリティ会社の機密告発を行った事件に関する告訴状のコピーを持つDanという人物に会う予定だった。Danは同社社員とコンタクトを取り内部告発事件に関する裁判所の刑事告訴状と引き換えに31万ドルのビットコインをコンサルタント料として要求していた。

だが、灰色のキャップを被った男はテクノロジーセキュリティ会社の人物ではなくFBIエージェントであった。間も無くDanはホテルのロビーで逮捕された。彼は「俺の人生は終わった」と一言呟いた。

Dan、本名Jeffrey Wertkinは元政府弁護士であり、近年はワシントンDCに拠点を置く弁護士業、ロビー活動を行うAkin Gump Strauss Hauer & Feldとパートナーを結んでいた。この企業とクライアントにはAT&T、Volkswagen、Mobil Oilなどが名を連ねる。

Jeffrey Wertkinは会社社員に対して書類を手に入れることで企業は捜査の際、優位に立つことができると説得。ビットコインについてトラッキング不可能なデジタル通貨であると説明し、ビットコインでの支払いを行うように要求したという。

今回の逮捕劇の場合それ以前の問題であったが、対面での取引の場合キャッシュで行ったほうが足はつかないのではないだろうか?

参考元
nytimes.com
coindesk.com