攻殻機動隊とブロックチェーンテクノロジー

企業のネットが星を被い、電子や光が駆け巡っても
国家や民族が消えてなくなる程
情報化されていない近未来

これは日本を代表するサイバーパンク作品、攻殻機動隊の世界である。

ビットコインの登場で攻殻機動隊の世界に近づいた!?

ブロックチェーンテクノロジーの登場で様々なモノが分散化されようとしている。ビットコインの登場で中央集権の必要ない通貨が登場した。KOINIFYやSwarmの登場によってICOが当たり前のように行われている。
doublehash.me

ビットネーションにより国家や国籍といったボーダーが取り払われようとしている。
bitnation.co

攻殻の世界では脳が直接ネットに接続できる。個人の脳がハッキングされてしまう世界だ。ビットコインは個人のウォレットに数十億円もの資産でも入れておくことができるが、ハッキングされれば誰も助けてくれない。電脳化が起これば本当のブレインウォレットが完成する。ビットコインに関しては現在世界中で様々な規制の準備が行われている。将来的にはセクション9のような精鋭部隊が現れるかもしれない。攻殻は、ネットの登場で今後の世界がどのように発展していき、どのような問題が起こるかを予想するのに役立つクールな作品だ。見たことのない方は是非見て頂きたい。

昨年の10月にオランダで起きたハッキング事件を覚えているだろうか?
店頭に展示されたパソコンがハッキング

攻殻機動隊SAC 第14話 全自動資本主義を思い出した人も多いだろう。
金儲けプログラムによってトグサの家でセラノの株が自動的に購入された。

攻殻機動隊は、複雑に情報化した未来の日本が舞台で、内務省直属の攻性公安警察組織「公安9課」(通 称「攻殻機動隊」)の活動を描いた物語だ。ウォルト・ディズニー・スタジオが 実写版「攻殻機動隊」 を2017年4月14日に公開することも正式に発表。日本で撮影されたロストイントランスレーションのスカーレットヨハンソンが素子役だ。

新劇場版攻殻機動隊が全国公開中

今年で25周年を迎えた攻殻機動隊は新たな映画が現在公開中

ストーリーは草薙素子の過去と攻殻機動隊の誕生についてだ。

来場者には豪華なプレゼントも用意されている。

Top photo by Guwashi999

参考元
kokaku-a.jp
bandaivisual.co.jp