Kim Dotcom、米国へ強制送還か!?

コンテンツシェアリングサイトMegauploadの創設者であるKim Dotcomが、ニュージーランド高等裁判所の判決により米国に強制送還させられる可能性が出てきた。彼は2010年よりニュージーランド在住である。

現在、Kimを含めたMegauploadの同僚4名は著作権侵害、マネーロンダリングなど13件の罪で告訴され米国当局と争っている最中だ。2012年、FBIはMegauploadのサーバーをシャットダウンし、彼がニュージーランドに所有する豪邸に突入、逮捕した。

今回の裁判でニュージーランド裁判所は彼ら4人の米国への強制送還が妥当であるという判決を下した。しかし、ニュージーランドでは著作権で保護されたコンテンツのオンラインコミュニケーションは刑事犯罪ではないため、詐欺罪により告訴される可能性があるようだ。

また、2012年の逮捕当時に発行された彼の逮捕令状は著作権侵害罪であり、ニュージーランドでは存在しない犯罪で逮捕されたことに対する裁判を開く計画を明かした。

今回の判決には不服を申し立て、裁判が終了するまでには少なくともあと2年はかかりそうだ。

米国弁護士は数ヶ月の聴取を経てから詐欺のケースとして事件を取り扱うことを言及している。

MegauploadとBitcacheによるビットコイン2000ドルを成功させるためにも是非ともシャバでこの計画を実行してもらいたい。

参考元
nzherald.co.nz


Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA