KickCityは膨大な数の人々をクリプトトランザクションに引き寄せる

KickCityは、コミュニティ構築と社会的交流に重点を置くイベントプラットフォームである。エンジェル投資家やファウンダーによる資金提供によりKickCityは、過去1.5年で急成長を遂げている。イベントスペースへの革新的な製品を開発しており、現在すでに収益を生み出している。このプラットフォームは、デラウェア州、ヒューストン、ヘルシンキ、モスクワ、サンクトペテルブルグで運営されている。 KickCityの創設者たちはこれに止まらず、まもなく新たな地域でサービスを開始する予定でだ。今年10月中に、米国の10都市とナイジェリアを完全にサポートする予定だ。 アフリカで最大の決済ソリューションを提供するVoguepayと提携して、KickCityチームは百万人以上の人々をクリプトトランザクションに引き寄せることによってナイジェリアに価値をもたらそうとしいるのだ。
KickCity: 人々を繋ぐ報酬型コミュニティブロックチェーンプラットフォーム。

プラットフォームは、ブロックチェーン上で分散型の報酬ベースのイベントマーケティングプロトコルを構築している。多くのイベント主催者と協力して、チケットの販売、非効率なマーケティング、広告に関する最大の問題に取り組んでいる。ユーザーにインセンティブ(報酬)を与えることで、これらの問題をすべて解決可能だ。誰もが友人を招待することができ、友達がチケットを購入すると、トークンによるキャッシュバックを得ることができる。 KCYトークンを使用してプラットフォーム上のチケットを購入し、フィアットに変換すること可能だ。

ビットコインの高い成長率は、Metcalfeの法則によるネットワーク効果に起因する可能性がある。リードの法則によれば、KCYトークンは同じ傾向をたどる可能性が高い。 KCYは2N-N-1の指数スケーリングに従うように設計されている。N = KCYトークンを保持する参加者の数。

その後、KickCityは効果的なP2Pマーケティングを提供することで、雇用を創出する。プラットフォームは、既存のプラットフォームのようにすべてを取るのではなく、ユーザー間でマーケティング予算を効果的に動かすのだ。

2018年1月1日よりパブリックICOを開催

KickCityは当初10月に開始予定であったICOを1月1日変更した。ICOを行う前にインセンティヴ・イベント・マーケティング・プロトコルの最初のバージョンをデモンストレーションし、いくつかのイベントを実行することが最善であるという考えからの変更だ。

ホームページよりWhiteListに登録することで、日程などの情報が取得可能だ。

KickCity: 人々を繋ぐ報酬型コミュニティブロックチェーンプラットフォーム。

ホワイトペーパーはこちら
KickCity公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。