KickCity: バルセロナで開催されたBlockchain Forumでスピーチを行う

信頼と価値のある分権型コミュニティ構築プラットフォームを提供するKickCityのCEO Gideon氏は、分散型のイベントマーケティングソリューションを使用し、インセンティブ作成をすることによりクリプトトランザクションにエンドユーザーを誘導する重要性について、バルセロナで開催されたBlockchain Forumにてスピーチを行った。
KickCity: 人々を繋ぐ報酬型コミュニティブロックチェーンプラットフォーム。

世界最大のブロックチェーンイベントの一つであるBlockchain Solutions Forumは、”Fira Barcelona”で開催され、3日間継続された。多くのスタートアップ、投資家、暗号専門家がイベントに参加し、他の参加者と知識や経験を共有した。医学、慈善団体、ゲーム、金融など、さまざまな業界で働く数多くのプロジェクトが参加した。フォーラムは、参加者に、投資家とブロックチェーンの専門家とのコミュニケーションの機会を提供した。メインプログラム以外にも、様々なインタラクティブ性の異なるプロジェクトが多く集まった。

KickCityは始まったばかりのプロジェクトの1つである。プラットフォームは、分散型で透過的なP2Pイベントマーケティングに使用され、チケット購入のためにFIAT、特定のERC20トークン、ビットコインを受け入れる。

KickCityが取り組む問題

オーガナイザーはチケットを販売する必要があるが、他のチャンネルを利用してそれを行う必要がある。たとえば、Eventbriteでイベントを作成する場合は、引き続きプロモーションのためにFacebookに行く必要がある。このイベントはフィードにより失われる可能性があるのだ。あなたが広告料をを支払った場合、1000人がクリックするが、実際にチケットを購入するのは5-10人程度でありコンバージョン率は非常に低い。

これに対して、KickCityは誰もが情報を広めることで利益を上げることができればうまく動作すると考える。これは、KickCityが取り組んでいる巨大な新しい経済圏となる。

KickCityを利用することで、すべてのイベントを見つけやすいプラットフォームに加え、観客がコンサート、パーティー、スポーツイベントなどを宣伝するネットワーク効果を最大限に活用する。

イベント主催者は、報酬ベースのP2Pマーケティングを使用してチケットの販売を促進することで、探している相手を見つけられる。また、KickCityでは、無制限のパートナーがチケットを販売することができます。何よりも、イベント主催者/ベンダーは、チケットの販売額と補償金額を規制することが可能だ。

KickCity: 人々を繋ぐ報酬型コミュニティブロックチェーンプラットフォーム。

KickCity Pre-Saleは10月18日まで開催される。
参加方法はこちら

なお、プレセール後には1,250万ドルをターゲットとした、30日間のクラウドセールが開催される予定だ。日程は追ってアナウンスが行われる。

ホワイトペーパーはこちら
KickCity公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。