KickCity: 人々を繋ぐ報酬型コミュニティブロックチェーンプラットフォーム。

KickCityは価値あるコミュニティーを構築する報酬型プラットフォームである。コミュニティーは、広告に依存せずにコンテンツを収益化する「エキスパート」のためのプラットフォームを提供する。メンバーは、コンテンツを提供する専門家によって作成されたチャンネルまたはグループに加入するためにサブスクリプション費用を支払う。

KickCityは、ブロックチェーン技術を使用して、「オフラインとオンライン」のコミュニティーを集め、トークン「KICK」を発行することで力を与え、新しい経済を創造する。バリューコミュニティは、ユーザーに情報と価値を交換するためのプラットフォームを提供する。

例えば、エキスパート「Vitalik」がチャンネルやコミュニティーを作り、貴重なコンテンツを加入者に提供しているとしよう。加入者はVitalikがコミュニティのサポートによって決定したサブスクリプションパッケージで報酬を与える。 Vitalikは広告収入を模索する必要はなく、代わりに報酬とコミュニティーのサポートによって動機付けられることで、自分のコミュニティーに最高のコンテンツを提供することに集中することが可能だ。コミュニティーが貴重な情報を入手している間に、エキスパートがキックトークンを獲得することで、win-winな関係性を構築することができる。

KickCityは、第三者を介さずに情報とコンテンツ交換できる価値のあるコミュニティを作ることとは別に、ブロックチェーン上の分散型リファーラルシステムに基づいたP2Pマーケティングも可能にする。

現在、イベント主催者は集客に苦労しており、成功することが見込めないマーケティングに多額の資金を費やしている。 KickCityは、イベント主催者がマーケティング戦略を見直し、イベントを共有するためにユーザーへ報酬を与えることで、コンバージョン率を向上させる。誰もが、いつでもプロモーション力を提供することでキックトークンを獲得することができることにより、イベント主催者やコミュニティーホストが最大の成果を上げることができる。

Ticketmasterのような他のイベントプラットフォームにホワイトラベルのP2Pマーケティングを提供することで、KICKはイベントマーケティングの進化を推進しながら予備トークンとして機能し、30億人をクリプトトランザクションに引き込むことことが可能だ。

今日、トークンとクラウドセールを開催するのためのKickCityスマートコントラクトは準備が整った。Githubにアクセスして確認することができる。 KICKは、バンカープロトコルを使用したスマートトークンである。また、KickCityはWingsプラットフォーム上に構築される。詳細については、随時発表される予定だ。

バリューコミュニティのすべてのトランザクションの2%がKICKトークンをbuybackすることで、その価値を高めることは非常に重要な特徴である。

プレセールの詳細

KickCityプロジェクトは、10月4日にバルセロナで開催される大規模なブロックチェーンフォーラムにてトークンのプレセールを開始する。プレセール参加者に対し40%のボーナスを提供する。

  • ハードキャップ: 100万ドル
  • ボーナス: 40%ボーナス
  • 参加可能暗号通貨: ビットコインとイーサリアム

例: 1ETH = 3000 KICK + 40%ボーナス= 4200 KICK(100ETH以上の場合100%のボーナスが与えられる。)

KickCityプレセールへの参加希望者は、ウェブサイト上の「Join Now」より必要事項を入力し送信することで、プレセール開始前の1時間前にメール通知が送られる。

なお、プレセール後には1,250万ドルをターゲットとした、30日間のクラウドセールが開催される予定だ。日程は追ってアナウンスが行われる。

ホワイトペーパーはこちら
KickCity公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。


domeplatform