ベネズエラのケンタッキーは支払いにDASHを受け付ける

ベネズエラのケンタッキーフライドチキン(KFC)はDASHによる支払い受け付けを開始する。首都カラカスでプログラムが展開された後、全国24店舗に拡大される予定である。

ベネズエラではすでにDASHによる支払いを受け付けいている商店が2,445件あると言う。

DASHの支援を行うのは、Dash Help、Dash Merchant Venezuela、Dash Textの共同設立者であるAlejandroEcheverría氏であり、「ベネズエラでのダッシュ支払いを受け入れるKFCのような世界的に認められているブランドを持つことは、ユーザーの視点だけでなく商人にとっても、ダッシュの採用の継続傾向の暗号化とさらなる検証の大きな成果です。」と話す。

ベネズエラではサブウェイ、パパ・ジョンズ・ピザなどがDASH支払いを受け付けている。

今年1月KFCカナダは、マーケティングのために限定的にビットコインを受け付けた。期間限定で暗号通貨をテーマとしたチキンのバケットをアナウンスした。

参考元
forbes.com