JPモルガン「暗号通貨は消えそうにない」

米国最大手銀行JPモルガンは投資家向けの「Bitcoin Bible」と呼ばれるものをリリースした。これは71ページにわたり構成されておりビットコインの技術からそのユースケースに至るまで、また直面するハードルなどが解説されている。

ビットコインバイブルの中には以下のような説明がされている。

暗号通貨は完全に消滅する可能性は低く、分散型、P2Pネットワーク、匿名性を望む者の間で、様々な形で容易に生き残ることが可能です。

JPモルガンは、クロスボーダーペイメントを促進するための分散型元帳技術のメリットを指摘し、他にもブロックチェーンのイノベーションやトークンや資金調達システムを指している。

一方で、JPモルガンのアナリストはビットコインの価格が現在の価格から50%減の4,605ドルの水準にまで落ち込む条件が整っているとレポートしている。また、10,128ドルと10,776ドルをクリアした場合、14,334ドルから​​16,304ドルの範囲に回復する可能性があるとも述べた。要するにわからないということだ。

以前からJPモルガンのCEO ジェイミー・ディモン氏はビットコインを否定したり、否定したことを後悔していると述べたりしている。今後も大手銀行には頑張ってブロックチェーン技術を習得してもらいたいところだ。

参考元
ccn.com