米大手銀行JPモルガンは独自暗号通貨を発行する

米大手銀行JPモルガンは「JPMコイン」と呼ばれる独自暗号通貨を発行する。これはホールセール決済事業の顧客間の取引を即時に決済するために使用される。サービスは数ヶ月後に試験運用される。

個人投資家はおそらくJPMコインを所有することは決してないだろう。ビットコインとは異なり、使用できるのは、企業、銀行、およびブローカーディーラーのように、規制当局によるチェックを受けたJPモルガンの大規模機関投資家だけである。JPモルガンのブロックチェーン・プロジェクトの責任者であるUmar Farooqは、「このアプリケーションは率直に言って用途は無限です。会社や機関をに関連する分散型元帳全てに適応可能だ。」と話す。

Farooq氏によると、JPMコインには3つの初期アプリケーションがある。

1つ目は、大企業の顧客への国際決済。これは、通常、Swiftのような数十年前のネットワーク上で金融機関間の電信送金を使用して行われる。金融機関は取引の締め切り時間や国ごとに異なるシステムを運用しているため、決済に1日以上かかることがある代わりに、支払いはリアルタイムで決済され、いつでも行われると同氏は述べた。

二つ目は証券取引である。4月、JP Morganはブロックチェーンでの債務発行をテストし、カナダの銀行に対する1億5000万ドルの預金証書の仮想シミュレーションを作成している。

3つ目は、JPモルガンのトレジャリーサービス事業を利用して世界中の子会社で保有しているドルの代わりとなる財務サービス。個人顧客には見えない、このビジネスは、ハネウェルインターナショナルからフェイスブックなどの企業のための世界の規制された資金フローのかなりの部分を処理し、従業員やサプライヤーの支払いなどの活動のためのドルを動かしている。

参考元
cnbc.com