ロシア連邦調査委員会議長はビットコインを恐れている

ロシア連邦調査委員会議長のAlexander Bastrykin はロシア経済とビットコインのような暗号通貨の利用について本日インタビューを受けた。

インタビューはロシア国家によって毎日発行される、Rossiiskaya Gazetaの中で行われた。

Alexander Bastrykinは過去5年間の汚職などの犯罪によって900億ルーブルを費やしたこと、2014年から対USDでルーブルが半分の価値に下がっていることなどを指摘し、マネロン防止や自国通貨の強化がさらに必要であることを示した。

その中でビットコインは脅威だと話し、現段階では避けるべきだとしている。

『ビットコインなどの暗号通貨がGDPの10パーセントを占めるようになるとロシアにとって本当の脅威になる。結果として国家は通貨発行の独占権を失い、収入がなくなることになる。』と話している。

ロシア財務省は最近ビットコインアダプターに対して4年の禁固刑を提案している。一方で隣国のウクライナは全く違うスタンスをとり、最大の銀行であるPrivatbankはオンラインリテーラーのビットコイン決済を助けている。

参考元
cryptocoinsnews.com


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA