リップル、第二のビットコインなのか?

リップル、第二のビットコインなのか?

ビットコインの様に、リップルは世界のどこへでも瞬時にお金を送ることを可能にする。
ビットコインは通貨であるのに対して、リップルはインターネット上のプロトコルであり、価値のあるモノならば何でも取引が可能となる。

リップルのアドバンテージとは?

送金に40分もかかってしまうビットコインに対して、リップルは数秒で瞬時に送金が完了する。ビットコインと同様公開された元帳に取引は記録される。

リップルはどのようにして小さなビジネスを救うのか?

リップルは小さなビジネス運営者に対して即座にお金を受け取れるようにしてくれます。現在クレジットカー ド会社から小さなビジネスを運営している人たちの銀行口座への入金は3日程度かかってしまうのです。即座に現金を受け取れることはビジネス運営者にとってキャッシュフローをスムーズにしビジネスを活性化する。更にリップルならば手数料がほとんど無料なのだ。

リップルは大衆に受け入れられるのか?

仮想通貨が受け入れられるには時間がかかるだろう。
しかし、答えはイエスだ。リップルは現在のシステムを壊すのではなく、上手くとけ込めるように努力している。現在の規制にのっとり、銀行にリップルプロトコルを買ってもらうのだ。

参考元
entrepreneur.com


domeplatform