BitDice:なぜ現在の投資プログラムをシャットダウンし、ICOを行うのか?

BitDiceは2014年にローンチされ、コスタリカで最初に導入された暗号通貨CASINOである。同社は、シンプルで柔軟性があり、管理しやすい投資プログラムを導入した。収益性の高い投資収益率(ROI)を生み出した。しかし、それは制限的であり、ハウスバンクロールの資金を有利にするためにのみ使用されていた。 BitDiceは、プレーヤーと投資家に良い利益率を提供することに重点を置いていたが、成長の余地はなかった。

状況を変える必要のあるBitDiceは投資家への新しい提案を行った。それがICOである。BitDiceは現状維持のために投資家に代替策を提供している。

  • 複数の暗号通貨でのインハウスバンクロール管理の改善
  • ゲーム技術の向上を目指してITスタッフを増やす
  • 収益性の高いオンライン米ドル市場への拡大
  • トークンホルダーとのコミュニケーションの改善
  • フィードバックループと流通市場を通じた企業のマーケティング露出の向上
  • 会社の利益の70%をトークン所有者に配布する

単一の技術を超えて

BitDiceは、ユーザーがフィアットか暗号通貨で遊ぶかどうかを選択できるほか、プレーヤーに技術を提供することさえできる。他の暗号通貨ギャンブルプラットフォームでは、単一のテクノロジは本質的にイーサリアムネットワーク上で実行されるシンプルなダイスゲームとそのスマートコントラクトのクローンである。これには限界がある。

スマートコントラクトは、特にギャンブル環境では、スピードと取引手数料がプレーヤーを激怒させ、挫折させることがあるため、扱いにくい場合がある。

イーサリアムネットワークは、ベットの結果を検証するための待ち時間の速度を高くし、その上にユーザが各ベットで支払う必要がある取引手数料が発生する。

BitDiceは、その技術を多様化することで、さまざまな種類の暗号通貨を含み、1秒あたり最大20のベットを処理することができる、公に観察可能で公平なアルゴリズムでサーバー上で無料でゲームを実行することができる。

BitDiceの公式ホームページはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。


domeplatform