来日中のGNation(GameCredits)プレジデント Sergey氏への単独インタビューPart2

現在来日中のGNation(GameCredits)プレジデント Sergey氏の単独インタビューパート2。今回は今後の開発や展開について話していただいた。GNationが目指す新たなゲームの世界は、ゲーム開発者がワンクリックで自身のゲームをアップロードでき、大手プラットフォームに搾取されずフェアに稼げる世界である。

CCM:いつゲーム開発者が自身のゲームをGNationエコシステムにアップロードできるようになりますか?

Sergey氏:それにはいくつかのステージがあります。1つは開発者にとってより複雑で彼らのゲームにSDKを統合する必要があります。これは3月の初めを予想しています。それからオーブンβテストなどがあります。すでに私たちのエコシステムを利用したい開発者のポートフォリオがあります。そしていくつかのステージを経た後、私たちは全てを提供できるようになりワンクリックソリューションが可能となります。これはUnityが新たなバージョンのエンジンをリリースする今夏にリリースされます。これが現在のロードマップです。

CCM:日本マーケットはとてもユニークなものですが、欧州のマーケットや他のアジアのマーケットと比較してGNationをどのように広げて行くことがキーだと思いますか?

Sergey氏:私自身の考えでは、日本のゲームマーケットは他と何か異なるものではありません。同じゲーマーが同じパッションをここでも持っています。ゲームスタイル、アートなどは異なりますが、ゲームへのパッションは同じです。どのようにゲームでお金を稼ぐか、どのようにゲームで楽しむのか、どのようにゲームで成功するのか、これは日本でもアメリカでもロシアでも変わりません。GNationはどのようなマーケットからでもエンターできます。私がGNationを日本からスタートしたい理由はどれだけ多くの素晴らしいものが日本から発しているということです。ゲーム、プラットフォーム、デバイスなどです。全てがここから来ているため、GNationもシンボルとしてここ日本からスタートし他の国がどのように注目してくるのかを見てみたいです。そして、世界中の人々がGNationエコシステムのメリットに気付いた時、国は関係がなくなります。誰でもGNationに参加できるのです。この質問に対するアンサーはマスメディアがどれだけ私たちが提供する世界のポテンシャルや良さに早く気がつき、それを広めてくれるかどうかがキーだということです。

CCM:日本の取引所とは何か交渉は行なっていますか?

Sergey氏:私たちが協力する時はすぐに来るでしょう。そして私のショートムービーを見てくださっている取引所の方々、私たちの元へ来てください。

来日中のGNation(GameCredits)プレジデントSergey氏への単独インタビューPart1
GameCreditsの公式サイトはこちら
MobieGoの公式サイトはこちら


ETH TOWN

ETHTOWN