インターポールが独自に仮想通貨を作って犯罪ケースを勉強

インターポールのサイバー犯罪機構は、潜在的な仮想通貨犯罪を事前に防止するために独自に仮想通貨を作って研究を開始した。
独自通貨を使って特別にデザインされたシュミレーションゲームを通じ仮想通貨利用の潜在的な犯罪を研究する。

事務局長のNoboru Nakataniは『この脅威を特定することがインターポールにとって重要なことである。人々や法執行機関にこの脅威を伝えると同時にコミュニティー内からのサポートも受けてブロックチェーン濫用の解決策を見つける。』と話している。

インターポールとは国際刑事警察機構であり、世界各国の警察により組織された国際組織である

参考元
coindesk.com
wikipedia.org


1 Trackbacks & Pingbacks

  1. ユーロポールとインターポールがタッグを組んでデジタル通貨の不正利用と戦う

Leave a comment

Your email address will not be published.


*