INS:目標額の94%を調達中、セールは残り2日で終了

ブロックチェーンの利点はすでに世界中で認識され、企業、大手銀行、政府機関などによって積極的に研究されている。INS の生態系共同創設者であるドミトリー・ジュリン(Dmitry Zhulin)によれば、ブロックチェーンベースのソリューションが食料品小売にとって最も効果を発揮する可能性がある。

2008年の危機以降の一般的な景気後退にもかかわらず、消耗品物品部門は年々成長している。アメリカの持続性市場研究による推定によると、3年間で食料品小売市場は8.5兆ドルを超えるとのことだ。業界は非常に競争が激しく、主要な小売チェーンによる支配、低いマージン、そして巨額の仲介者ネットワークが存在している。

業界は、新しい技術的解決策が急務である。 食料品小売りにおける配送システムは、基本的に何十年も変わっていない。 時代遅れのアプローチを組織貿易に適用することは、プロセスの効率性、品質、および商品コストに悪影響を及ぼす。 生産者は損失を被り、数百万ドルの売れ残り商品が小売チェーンに奪われ、最終消費者はその商品の原価を最大50%上回って消費している。

小売における変化の必要性は、ブロックチェーン技術の急速な発展と同時に起こっている。 ブロックチェーンプラットフォームとスマートコントラクトの使用は、消耗品の市場を根本的に変える可能性がある。 ブロックチェーンベースのソリューションは、業界が従来の方法で取り組むことができなかった中心的な問題に対処します。 この考え方は、サプライヤーからバイヤーへの商品の配送を簡素化し、物流コストを削減し、公正な価格を確立し、生産と消費のより効率的なシステムを構築することである。

小売チェーンは品質の低い製品のリコールいよって数万ドルから数百万ドルの損失を被る。ブロックチェーンは、商品の品質を監視し、発生源と保管条件に関する情報を取得し、質の悪い製品を発見して排除するために使用できる。 世界をリードするIT企業の1つであるIBMは、主要な生産者や小売業者と協力して、食品配送の安全性を高めるブロックチェーン・プラットフォームをテストしている。情報が改ざんされない分散型システムもまた、偽造品の検出に役立つ。

今、商品の配送サイクルは、多数の仲介業者が関与する長いプロセスである。 小売業者、運送会社、規制当局は、生産者と最終消費者の間に立っている。 各ステップは、多数の文書の比較と署名を伴うことになる。 第1に、これは商品の配送を著しく遅くする。 第2に、文書を失うか、または文書を記入する際にエラーが発生する可能性がある。 ブロックチェーンは、プロセスのすべての参加者がアクセスできる単一の情報システムを可能にする。物品の経路を追跡することができ、または状態に関するデータを追跡することができる。わずか数秒でいつでも得られます。 これは膨大な時間と費用を節約する。

小売店でのブロックチェーンの開発を進めることで、不要な仲介者をチェーンから完全になくし、プロデューサー、物流オペレーター、バイヤーだけを残すことができる。これは、ロシア最大の食品配送サービスのInstamart創設者による世界初の分散型消費財市場である世界的プロジェクトINS生態系の根源である。INSエコシステムは小売店を小売チェーンから取り除き、顧客はオンラインプラットフォームを通じて注文を行い、製造業者は«プル»流通システムとクラウド調達ロジスティクスの助けを借りてそれを実現する。 小売業者をバイパスすることで、価格を大幅に引き下げ、マーケティング費用を削減し、過剰生産を回避し、製造業者に顧客に幅広く直接アクセスできるようになる。 INSスマートコントラクトによって、生態系の透明性と取引の信頼性が保証される。

INSエコシステムは目標額の94%を調達中でセールは残り2日で終了する。

INSの公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。