INSエコシステムはブロックチェーンと共に食品小売の最も大きな問題を解決しようとしている

2008年以来、世界市場の経済成長はすでに7%から3%に引き下げられている。このような危機的状況亜は世界の市場の生態系全体に影響を与える。主要プレーヤー間の競争は、生産者が費用を削減するために最善を尽くすことをさらに強要する。

食料品は常に需要が高かった。しかし、食料品産業は日常生活の不可欠な部分であるという事実にもかかわらず、そのマージンは極端に低い。小売業者は利益の6%を超えない。通常、0.5%の費用のカットはそれほど大きな取引ではないように思えるが、そのような節約は、生産者、小売業者、および消費者にも影響を及ぼす。

Instamart食料品配達によって設立された新しいグローバルプロジェクトであるINSエコシステムのサービスチームは、普及しているブロックチェーン技術を実装してシチュエーションを変える予定である。

INSエコシステムは、消費者が小売業者や卸売業者を迂回し食料品メーカーから直接購入できるようにする。スーパーマーケットに比べて価格は最大30%低くなる。メーカーは、自社製品を直接消費者に宣伝して販売し、貴重なフィードバックを求めることを奨励し、分散型ブロックチェーンを利用した消費者とメーカーの相互作用を活用することで、よりパーソナライズされた信頼性の高い食料雑貨品ショッピング体験を大幅に低価格で実現する。サプライチェーンの一環として、タイソン・フーズ社、ドール・フード・カンパニー社、ネストル社、クローザー社、マコーミック・アンド・カンパニー社などの大手を含む多数の生産者および小売業者によってブロックチェーン技術が既に適用されている。IBM Blockchain Platformのおかげで、食糧大手は食糧供給チェーンを監視し、汚染された製品の原因を迅速に特定することができる。食糧サプライチェーンのすべての参加者は、その起源、状態、および動きなど、食糧に関する信頼できる情報にアクセスすることができる。

競争の激しい状況下では、中小企業がProcter&GambleやCoca-Colaなどの主要プロデューサーを通すことは非常に困難であり、さらに消費者は1つのプロデューサーだけの製品を購入することに興味がなく、巨大企業でさえ常に独自の流通ネットワークを持つとは限らない。ブロックチェーン技術は、すべての主要パーティーを統合することを可能にし(プロデューサー、小売業者、消費者)を1つのプラットフォームに統合する。プレイヤーは、誰が商品を注文したか、現在の場所、および支払いが実行されたかどうかを監視することができる。

ブロックチェーン技術の別のプラス面はマーケティングパーソナライゼーションだ。プロデューサーは通常の顧客に特別な顧客が他の製品を購入したり、取引所で販売したりするために使用できるプラットフォームトークンの形で、ボーナスを提供する。ダブル・ウィン・エフェクト – プロデューサーは広告費を節約し、顧客は日常生活用品を購入する報酬を得る。

そして、余剰品に関する費用は価格に含まれているのか?これらの費用を削減する方法を見つけることは、間違いなく大金を節約することになる。そして、問題はブロックチェーン技術によって再び解決され、供給を需要に追従させ、そうでない場合は逆にすることができる。INS Ecosystemは、MARS、Campina、Valio、Reckitt Benckiserをはじめとする世界トップ20のFMCGメーカー7社とMoUを締結しており、ブロックチェーンとスマートコントラクトは、生態系を透明、公正、安価、拡張性に優れている。INSエコシステムは、2017年12月4日に開始されたICO中に、すでに60K ETHハードキャップの80%+を調達している。

INSの公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。