インド、ビットコインなどの暗号通貨を法的な通貨として認めることを拒否

インドの財務大臣Arun Jaitley氏は、2018年の予算案を提示するにあたり、ビットコインのような暗号通貨を法的な通貨として認めることを拒否した。

政府は暗号通貨を合法な通貨とはみなさず、違法行為の資金調達や支払いシステムの一環としてのこれらの使用を排除するためのあらゆる措置を講じるとした。

この声明は、暗号通貨関連事業者や投資家の間で懸念を引き起こす可能性が高いとはいえ、Jaitley氏はビットコインやその他の暗号通貨を明確に禁止することについて言及していない。

さらに、暗号通貨を支払い手段として使用することは制限されても、事業者は暗号通貨の交換でそれらを取引することは禁じられていない。

暗号化を受け入れるレストランや施設は、強制的に受け付けを停止させられるかもしれないが、暗号通貨の売買には何の抑制もない。

昨年末インド財務省はビットコインなどの暗号通貨はネズミ講だとして投資リスクに関する警告を行っている。さらに、インドの銀行State Bank of India (SBI), Axis Bank, HDFC Bank, ICICI Bank,Yes Bankは主要ビットコイン口座を停止したと現地でレポートされている。

参考元
ccn.com