インド政府は、暗号通貨の販売、購入および発行の禁止を検討

インド政府は、暗号通貨を禁止し、公式のデジタル通貨を発行する草案に関する省庁間協議を開始した。

経済部(DEA)、中央直接税委員会(CBDT)、中央間接税関税委員会(CBIC)および投資家教育保護基金局(IEPFA)を含む多くの政府部門は、「すべてのタイプの暗号通貨の販売、購入および発行」の完全な禁止を検討している。

フィードバックに基づいて、5月末の選挙後に最終法が政府に提案される予定だ。

インド、ビットコインなどの暗号通貨を法的な通貨として認めることを拒否
参考元
economictimes.indiatimes.com