インペリアルカレッジロンドンは暗号通貨の研究センターを開く

インペリアルカレッジロンドンはブロックチェーンのための研究センターを設立した。1970年に設立されたこの大学は世界でもトップクラスの技術を誇ると考えられ、オックスフォードやケンブリッジと共に英国を代表する。
wikipedia.org

大学ランキングではマサチューセッツ工科大学に次いで世界2位である。医学、工学、理学部からなる完全な理系大学だ。

最初のディレクターを務めるWilliam Knottenbelt教授はコインデスクの取材にこのように話してる。
『我々は2つのエリアにおいてフォーカスしています。1つ目は、ブロックチェーンを支えるデザインやエンジニアリングの研究で・2つ目は様々な領域で機能する新たなアプリケーションの探求です。』

世界中のトップレベルの教育機関が次々とブロックチェーンを探求している中、日本国内ではどのような取り組みが行われるかが今後非常に楽しみだ。

参考元
coindesk.com
wikipedia.org