ICOBoxがアーリーバードトークンセールを開始。ICOBoxの提供するサービスパッケージとは

アーリーバードトークンセールを開始したICOBoxはプラットフォームでICOを実施することで、有望ではあるが、資金が足りない新たなプロジェクトの支援を行う。独自トークンであるICOSのホルダーはプラットフォームで行われるICOに関連するプロジェクトのトークンを最大75%オフで入手が可能となる。さらに、ICOBoxによりプロジェクトの精査が行われた後、最終決定を行う投票への参加権利が付与される。

ICOBoxが提供するサービスパッケージとは

ICOBox固定価格サービスは、ICOを実施しようとするブロックチェーン企業だけでなく、製品やサービスを販売するため新たな方法の導入を試みる幅広いベンダーにとって非常に有用だ。ICOBoxが製品トークンプラットフォームであるという事実は、伝統的なターンキーサービスコンサルティングルートを採用する場合よりも、適切なプロジェクトがICOプロセスに迅速かつ低コストで参入するのを助けることとなる。ICOBoxは製品指向のアプローチにも注力し、不必要かつ冗長なコンサルティング作業を取り除くことで、コストを削減する。その結果、ICOBoxのプロセスがより効率的になり、ICOのプロセス全体は、2ヶ月以内に開始、完了することが可能となる。

ICOBoxの提供する標準サービスパッケージは、テクノロジーソリューション、法的ソリューション、マーケティングソリューションの3つのモジュールで構成されている。

  • テクノロジーソリューション: 各ICOが必要とする書籍構築プラットフォームが含まれている。ICOBoxは、すぐに導入可能なモデルを提供する。このモデルは、1週間以内に設定およびカスタマイズ可能で、スマートコントラクト(新しいトークンを駆動する)とトークン管理システムも含まれる。
  • 法的ソリューション: プロジェクトのホワイトペーパーと、ICO実施経験のある外部の法律顧問、契約書類のセット、トークンの法的コンセプトのレビューと勧告によって、プロジェクトのホワイトペーパーとランディングページを作成することについての監査とアドバイスからなる。
  • マーケティングソリューション: 事前に設定されたマーケティング戦略(広告トラフィック予算、クリティカルな広報の推奨事項、および賞金プログラムの設定)が含まれる。

ICOSのトークンセールが開始

ICOBoxのトークンであるICOSのアーリーバードトークンセールが開始された。トークンセールは3段階に分かれており、1トークンあたりの値段が上昇する。価格は以下のように変化する。

アーリーバードICO
開催期間: 8月15-17日
1ICOS: 0.01BTC

1st ICO
開催期間: 8月17-9月1日
1ICOS:0.011BTC

2nd ICO
開催期間: 9月2日-15日
1ICOS : 0.012BTC

現在すでに2502BTCが調達された。ICOの9月15日までの開催される。

公式ホームページはこちら
ICOBoxのホワイトペーパーはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。