リップルが新たにSwift、HSBCの役員であるMarcus Treacher氏をグローバル経営戦略主任に任命

リップルはSwiftのボードメンバーでありHSBCの役員であるMarcus Treacher氏をグローバル経営戦略主任に任命した。

Treacher氏はグローバル産業や公的機関、政府への新たな金融決済の展開などを務めてきた。最近ではMonetary Authority of Singaporeと共同でイノベーションセンターのローンチにも関わっている。

2015年11月まではHSBCのグローバル決済主任を務めた経験もあり、RippleのCEOであるChris Larsen氏は彼がこれまでグローバル決済の改善に取り組んできたことを高く評価している。これから彼はリップルのヨーロッパ支局(ロンドン)で働くことになる。

Treacher氏は
私はウェブ早期時代から新たなテクノロジーがどのように銀行業務にインパクトを与えるか探求してきた。リップルは将来の銀行、決済業務に大きな影響を与えるだろう。と語った。

参考元
ripple.com