Dome Platform: 分散型グローバルWi-Fiはどのように機能するのか?

Dome Platformの最も重要な機能は、Wi-Fiネットワークを共有する人々へのトークン報酬、すべてが自動的に行われる完全自律システムであり、ユーザーは接続の設定、パスワードのコピー、SSIDの覚え書きを行う必要はないことである。Dome Platformは現在ICOを開始し現在15%のボーナス期間となっている。

どのように機能するのか?

一般ユーザーの場合

サインアップしてプラットフォームに接続すると、地域(国)のブロックを自動的に解除し、またはいくつかの地域(プロジェクト開発段階に依存)で制限なくインターネットを使用する。あなたのWi-Fiネットワークを共有して、トークンを入手する。旅行中の場合は新しい地域のブロックを解除し、広告を取り除く場合はAdblockなど、アプリ内購入のために取引されるか、または消費される。

ビジネスの場合

あなたの会社をPlatformアプリに登録してWi-Fiを共有し、ネットワークを使用する人が増えるほど、あなたが得るトークンが増える。 あなたのビジネスの広告を購入するためにトレードトークンを使用するか、アプリで使用する。 あなたの広告は、ネットワークに接続するすべての人に表示される。

今日、ブロックチェーンを使用してグローバルなWi-Fiネットワークの構築を推進するものは、 先進国での4G(LTE)データ使用料が高いこと、接続不良、データ転送速度が低いことである。

図に示されているように、4G(LTE)のコストは代表国のほとんどで高すぎるため、月平均ユーザ収入から平均して3~8%になります。 しかし、主な問題は、大都市の負荷の高い4G(LTE)ネットワークは、接続数が多いため適切な方法では機能しないため、接続速度と帯域幅が大幅に減少することである。 もう1つの非常に重要な要素は、4G(LTE)データローミングの高い料金である。 Dome Platformは、DMEトークンを使用して世界中どこでもインターネット接続を可能にする。

Dome Platformの公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。