世界で6番目の規模を持つ香港証券取引所はブロックチェーンの実装に注力する

香港証券取引所(HKEX)は、コア・プロセスへのブロックチェーン技術の実装に、オーストラリア証券取引所(ASX)の専門知識を活用する。

2年間のテスト後、オーストラリア証券取引所は、ポストトレード決済プロセスにブロックチェーン技術を実装する世界で初めての取引事業者となった。ブロックチェーンプラットフォームは、ニューヨークに本社を置くDigital Assetによって開発され、ASXを投資家および株主としている。ASXは2017年に世界で最も収益性の高い主要証券取引所にランクインし、香港証券取引所の71%の利益率を上回る77%の利益率を達成した。

HKEXは現在、ASXよりブロックチェーン技術に関する洞察を得て、独自にコスト削減を行い、効率性を高めることを目指している。

HKEXのCEO チャールズ・リー氏は、証券取引所だけでなく株式借入や貸付などへ、ブロックチェーン技術を利用することに熱意を示していると述べた。

HKEXはこれまで、民間市場で小規模企業向けのブロックチェーン開発を独自に進めてきたが、実行可能なソフトウェアベンダーが不足しており、社内のブロックチェーン開発が進まず、その技術を実装することができなかった。

いよいよブロックチェーンが世の中の取引に実装される日が近づいてきている。

参考元
ccn.com