香港政府、ビットコインへの規制は必要なし

金融の街香港では金融商品以外にビットコインに対してもかなり寛大な見方をとっている。

香港政府高官はビットコインへの規制や排除は必要ないという方針を示した。

Secretary for Financial Services and the Treasury ProffesserであるKC Chan は『政府は、ヴァーチャル商品やそれを扱う人々を規制する法律を現段階では必要だと考えていない。』と語る。

デジタル通貨に関する詐欺や犯罪が起きた場合には今の法律を利用して措置取るということになる。現段階でビットコインや他のデジタル通貨の規模は政府を脅かす程大きな存在ではなく早急な対応は必要ないという見方だ。

日本国内の規制が今後どのように変化していくかはわからないが、アメリカ並に厳しい規制ができてしまえば多くの企業や個人が香港に流れていくことは間違いないだろう。

参考元
coindesk.com