デンマークのアイスホッケーチームは選手にビットコインでの給料支払いをオファー

暗号通貨ファイナンシャルサービス会社Bitcoin Suisseは、デンマークのトップリーグで活躍するRungsted Seier Capitalとのパートナーシップを木曜日に発表。これにより選手がビットコインで給料を受け取る機会を得ることになり、チームの会場はビットコインアリーナと名前が変更された。

12月27日から施行されるこの取引は3年間続く。 その一環として、サクソ銀行アリーナの名称が変更され、プレーヤーは従来の通貨ではなくBitcoinで給与を受け取る機会を得ます。 チームはまた、ファンがビットコインを得ることができ、パートナーシップを祝うためのコンペを開催する。

ビットコインは世界一ボラティリティーの高い通貨だが、今後も今年のような数十倍の高騰を見せることになれば、ビットコインで給料を受け取る選手の資産は一気に増えることとなる。

coinmarketcap.com

参考元
sbnation.com