ギリシャは資本規制導入、仮想通貨が再び注目される。

EUとの金融支援交渉が決裂の瀬戸際にあるギリシャは週明け以降(アテネは日本時間より6時間遅れている)銀行業務が麻痺する可能性が高まっている。週末の首都アテネでは預金を下ろす人々の行列ができていた模様。地元メディアによれば、27日だけで国内銀行から14億ユーロ(約1900億円)もの預金が引き出された。
headlines.yahoo.co.jp

27,28日の間にビットコインの価格は再び250ドルに近づき、リップル(XRP)の価格も上昇している。

本日よりギリシャでは資本規制が導入され、銀行の営業停止、預金引き出しや送金の制限などがかけられる。本日29日はATMも含め金融サービスが全面的に止まるようだ。

参考元
headlines.yahoo.co.Jo

Top photo by wikimedia.org


2 Trackbacks & Pingbacks

  1. プエルトリコ、デフォルト宣言でビットコインの重要性はさらに注目される
  2. 資本規制の恐怖が世界中に伝染するとともにビットコインが救世主だということも知れ渡る

Comments are closed.