GRAFT:ユニバーサルペイメントプロセッシングネットワーク

Graftは、誰もが使用できるグローバルでオープンソースのブロックチェーンベースの分散型決済ゲートウェイと処理プラットフォームである。 バイヤーとマーチャントは完全に分散した安価な方法でGraftを使用できる。 Graftエコシステムはオープンであるため、誰でもGraftブロックチェーンを維持し、ネットワークサービスを実装することで参加できる。 Graftは、世界中の何百万人ものユーザーやマーチャントに既によく知られているクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードなどの従来の電子決済システムと同様の決済処理プロトコルとフローを採用している。 このアプローチにより、メインストリームの支払いプラットフォームとして、Graftをより簡単かつ迅速に採用することができる。同時に、バイヤーとマーチャントの間の取引を促進するために現在必要とされる中央仲介業者(支払いゲートウェイとプロセッサ)の必要性が排除される。

Graftのホワイトペーパーはこちら

なぜGraftなのか?

全てのペイメントテクノロジーが一緒に

ほとんどの加盟店は、決済カードやPaypalなどの従来の電子決済方法とは概念的に異なるブロックチェーンネットワーク処理トランザクションの独自性のため、第三者の決済処理業者なしでは暗号化通信を受け入れることができない。 プラスチックカード決済の全体的なコンセプトは時代遅れになっているが、その周りに開発された技術は膨大な量の商人体験とユーザーの信頼を蓄積しており、すぐに放棄することはできない。

暗号通貨とクレジットカードを受け付ける

バイヤーにとって最良のユーザーエクスペリエンスを提供し、加盟店へのコンバージョン率を向上させるために、Graft支払い取引は、様々なコンバージョン可能な暗号通貨またはローカルのフィアット通貨を入力としてクレジット/デビットカードの形式で受け取ることができる。 自動インスタントコンバージョンは、暗号通貨エコシステムに精通していないメインストリームユーザーや、従来の支払い方法ではより快適に感じられ、セキュリティ、プライバシー、トランザクションにおける完全な匿名性を追求する人たちによるグラフト支払いの採用に役立つ。

マーチャントは暗号通貨、フィアットでペイアウトを受け取れる

Graftは、ビットコインといくつかの主要な暗号化通貨を、バイヤーにとっての追加の選択肢としても、マーチャントに対する支払いの受け入れ可能な方法としてもサポートする。 これらの機能により、複数の(中央の)支払いソフトウェアプロバイダとの統合や、複数のウォレットアプリケーションを学習して維持するための集中サービスのサインアップが不要になる。 マーチャントは、ビットコインやローカル通貨などの暗号通貨で取引から収益を受け取ることができる。 この場合、トランザクションの出力は、マーチャントの設定に応じて、同じトランザクションの一部としてサービスブローカによって処理される。 これにより、販売によって販売者に正確な現地通貨価格が支払われることが保証される。

クレジット、ロイヤリティーカード

ピアツーピア融資に基づく低利融資から、加盟店が運営するロイヤリティプログラムまで、グラフトは多様な創造的なサービスやワークフローのために活用できるダイナミックなプラットフォームを提供する。

Graftは2018年1月18日にICOを予定している。BTC,ETH,XMR,XEMにて参加が可能となっている。ロードマップは以下のようになっている。

Graftのホワイトペーパーはこちら
Graftの公式サイトはこちら