Graft:メインネットがローンチしICOがスタート

誰もが使用できるグローバルでオープンソースのブロックチェーンベースの分散型決済ゲートウェイと処理プラットフォームであるGraftはメインネットを無事ローンチしICOを開始した。Graftは独自のブロックチェーンを持つ珍しいICOを行う。

GRAFT:ユニバーサルペイメントプロセッシングネットワーク

まもなくあなたは暗号通貨でディナーの支払いができるようになる

ICOに参加するには本人確認の必要がある。

氏名などの必要事項を入力した後に、本人確認書類(パスポートや免許証)と顔写真を提出する必要がある。

支払いはBTC,ETHとなっており、ほしいGRFの数を入力する。1GRF=0.0000262BTCだ。その後スマホでダウンロードしたGraftのウォレットアドレスを入力し次のステップで支払いを行う。

ICOでは2,500万のハードキャップが設定され、あまりに多額の資金が集まらないようになっている。最初の48時間は10%のボーナスが付いてくる。

Graftの公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。